【12月19日(月)会期 5日目終了】

本日のトークセッション「家とは私たちにとって何か」では、大阪より佐藤浩司氏(建築人類学者)をお迎えしました。佐藤氏のアジアでのフィールドワークや、そこでの経験をもとに直営で建設中の自宅のこと、さらには被災地での住まいの在り方まで、まさに「家とは何か」を問いなおす貴重な会となりました。

会期残り2日間、明日20日(火)のトークセッション「都市・居住・スラム」では、建築家の西沢大良氏をお迎えし、現代都市の諸問題をめぐって議論を行います。

参考文献:事前にご一読し参加頂ければ幸いです。

『建築雑誌 2011年1月号 特集:未来のスラム』

西沢大良「現代都市のための9か条」『新建築 2011年10月号』

広告
カテゴリー: トークセッション, 展示セクション パーマリンク