【展示内容04 ─ 絵巻物「図解 平城京九相図」/イラストルポ「東北を訪ねて」 市川智子】

引き続き、展示内容紹介です。

イラストレーター市川智子氏(編集委員会委員)による絵巻物「図解 平城京九相図」/イラストルポ「東北を訪ねて」を紹介します。

─────────────────────────────────────

絵巻物「図解 平城京九相図」/イラストルポ「東北を訪ねて」 市川智子

コルビュジエの人生をマンガとエッセイで描いた『愛と哀しみのル・コルビュジエ』(彰国社、2007年10月)で知られる、イラストレーター市川智子によるイラスト。本誌『2010 年12 月号 特集 平城遷都1300 年考』において、平城京の持続的変容の物語を9 枚のイラストで表現し誌面に掲載しました。地形、グリッドなどの制約的条件と、それによって生み出され、引き継がれていく都市構造の持続的変容を表しています。本号表紙では、市川氏の鉛筆書きの木組のスケッチに羽良多氏のデザインが加わり、古建築がもつ鮮やかさと繊細さが表現されています。また、2011年12月号には、7月に東北地方を訪れた体験をもとに「東北を訪ねて」というイラストルポを描きおろし、掲載。本展ではこれら二つの号のために描かれたイラストの原画とその制作過程を展示します。

────────────────────────────────────────

参考:

市川智子『愛と哀しみのル・コルビュジエ』彰国社、2007年

絵巻物「図解 平城京九相図」『建築雑誌 2010年12月号 特集:平城遷都1300年考』

イラストルポ「東北を訪ねて」『建築雑誌 2011年12月号 特集:国・人・土のデザインⅡ─不安定な大地とどうつながるか』

広告
カテゴリー: 展示セクション パーマリンク